遺伝カウンセリング・ロールプレイ研修会

第3回日本産科婦人科遺伝診療学会・遺伝カウンセリング・ロールプレイ研修会

第3回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会では、下記の内容で遺伝カウンセリング・ロールプレイ研修会を開催します。多くの皆様の参加を期待しております。

今回から当学会の認定講習が開催されます。日本産科婦人科遺伝診療学会認定講習とは、産婦人科の中で遺伝学と関係のある分野についての必要な知識を、遺伝を専門としない産婦人科医にも広く修得してもらうための講習です。今年度は腫瘍領域に関する認定講習を行います。腫瘍領域のロールプレイ研修会に参加し、さらに指定された講習会すべてを受講した会員には、認定講習受講証をお渡しする予定です。

【対 象】遺伝カウンセリングに関心のある医療者、本学会認定講習を受講希望の医療者
【テーマ】以下の3領域のうち希望の領域を選んでください。
  1)周産期:   「胎児の性染色体異常」
  2)婦人科腫瘍:「遺伝性乳癌卵巣癌症候群」(認定講習受講希望者は必須)
  3)生殖・不妊:「均衡型相互転座保因者」
【日 時】平成29年12月15日(金) 午前9時から12時まで
【場 所】淡路夢舞台国際会議場 〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1番地
                TEL: 0799-74-1020
【参加費】医師(会員)5,000円、医師(非会員)8,000円、医師以外3,000円
    (学術講演会にも参加される方は、医師(会員)15,000円、
     医師(非会員)20,000円、医師以外5,000円の参加費が別途必要です。)
ロールプレイ参加費は事前にお支払いいただきます。
※本申込書をメールいただいた後、運営事務局から振込先口座をご案内いたしますので、1週間以内に参加費をお振り込みください。参加費のご入金が確認できない場合は、お申込みを取り消させていただくことがございますので、予めご了承ください。
【募集人数】60名
【臨床遺伝専門医制度の関連事項】

  • 暫定措置による臨床遺伝専門医の更新に必要なロールプレイ実習回数1回分(受験に必要な研修単位にはなりません)にカウントできます。各地域で開催される「遺伝カウンセリング・ロールプレイ研修会(GCRP)」と重複して受講でき、それぞれのロールプレイ実習回数をカウントすることができます。
  • ロールプレイ研修会と学術講演会の両方に参加した場合、日本産科婦人科学会に「生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医」資格認定の申請が可能となります。

【備 考】暫定制度による臨床遺伝専門医に限らず、産婦人科医はもちろん、産婦人科以外の医師も含め、職種も認定遺伝カウンセラーや助産師・看護師など遺伝カウンセリングに関心のある幅広い医療者の参加を歓迎いたします。
【参加登録】
 ロールプレイ申込書をダウンロードしてフォームにご記入の上、へメールでお送りください。

ロールプレイ申込書(Excel)のダウンロード
【ロールプレイ研修会実行委員会】
 総括担当  澤井英明(兵庫医科大学)
 領域担当  1)周産期担当   三宅秀彦 (お茶の水女子大学)
       2)婦人科腫瘍担当 平沢 晃 (慶應義塾大学)
       3)生殖・不妊担当 鈴森伸宏 (名古屋市立大学)
運営事務局

第3回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 運営事務局
(株) MAコンベンションコンサルティング内
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-7 麹町パークサイドビル402
Tel: 03-5275-1191 Fax: 03-5275-1192
E-mail: